e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

YR藍宝(キャベツ)【タネ】

商品コード:0101001024002

アイテムイメージ

「この商品は野菜のタネです」
■種苗情報
メーカー:(株)日本農林社/ノウリン交配

●作りやすい萎黄病Aタイプの強健種!

●外葉は青緑色の丸葉で密植可能である。熟期は定植後65日内外で収穫出来る中早生種で、結球は結球肥大に属し、玉は濃緑で1.3~1.5kg内外の中玉種である。玉型はやや腰高の扁円球で輸送性に富み、耐暑、耐寒性があり黒腐病及びナンプ病に強く特に萎黄病に対しては絶対に強いAタイプである。

◎最適 ○適
  
備考
寒・高冷地
  
  
  
関東標準
  
  
暖地
  
  

 

栽培型
播種期
定植期
収穫期
平坦地
(関東標準)
2月中旬~3月中旬
4月中旬~4月下旬
6月中旬~7月下旬
7月初旬~7月末
8月中旬~8月下旬
10月下旬~1月初旬
10月中旬~11月中旬
3月初旬~3月中旬
6月初旬~7月中旬
寒・高冷地
5月初旬~6月初旬
6月初旬~6月末
8月中旬~10月初旬
栽培要点:
■春蒔き夏穫キャベツは元肥重点主義とするが多肥にならないように注意する。夏蒔の苗床は寒冷紗等で遮光して高温、乾燥を防ぎ又、害虫の飛来を防ぐ。30日位の若苗で定植すると良い。
適作型:
■三季蒔きの出来る品種で、いずれの時期の播種でも玉揃いが安定している。平坦地2~3月蒔-6~7月収穫、7月上旬~8月上旬蒔-10月中旬~年内収穫。10月上旬蒔-6月収穫。
栽培の手引き:
播種及び育苗
苗床は本畑10a当たり4~6㎡を必要とする。耕期、整地後6~9mmのまき溝を作り播種する。種子量は10a当たり60~80mlを用いる。覆土は均一にむらなく行なう。冷床の場合、地温が低いと苗が不揃いになる場合があるので床温を出来るだけ上げたい。
間引きは発芽揃い時に特に密生した箇所だけを間引きし、その後1~2回間引きを行い、株間を1~2cm位にし徒長を防ぐ事。移植は本葉2~3枚時に株間6~10cm位に移植を行なう。
春の早蒔き、冷床育苗では地上部を保温しながら育苗するため軟弱気味に生育するので(発芽後22~25℃以上にしない)定植5~7日前より外気にならしを行い苗の硬化をさせてから定植する。
■施肥
10a当たりの施肥量の目安は、N22~25kg、P18~20kg、K18~20kgが標準であるが実際の施肥量は前作の残存N量を考慮して決定する。一般にはN・Kの80%を元肥として施し他の要素は全量元肥とする。追肥はN・Kとも追肥分20%を2回に分けて施す。Nは生育初期から効肥が必要とされるが特に外葉形成時に入る時期までに施す。Kは結球初期から球の肥大初期までに追肥を済ませる事。堆肥は10a当たり2.000kgを元肥とし畑全体に敷きこむ。
■定植
各作型地域により定植本数は違うが当種の外葉は中位を呈し、病気に弱いので密植が可能である。標準の定植本数は4.000~4.500本と各作型により異なるが、春蒔きでは、若干株間を広めにとる。
■土寄せ
一般に甘藍は過湿に弱いので雨の多い時期や排水の悪い畑などでは根くち病及び根ぐされ病が発生しやすい。
又、結球期に入ると地上部が重くなり特に収穫期では株が傾きやすい。これらを防止する為に土寄せを行なう。追肥後中耕、除草を兼ねて行なうのが良く、時期は定植後35~40日迄に済ませる。
■商品価格
※ペレット5千粒は予約販売です。
販売価格 (税込) 0円
商品内容量