e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

求人

追加

アスパラガス採りっきり栽培

採りっきり栽培®のメリット

露地栽培で定植翌年に本格収穫可能、毎年株を更新するので病気リスク減、紫品種も良い。

九州と北海道の端境期(4、5月)に収穫でき、地産地消+市場への出荷も見込める。

露地栽培のためハウス等の設備投資にかかる費用が不要。

従来の栽培法との違いは・・・

  • 【従来の露地栽培】

    株養成通常10〜15年間、繰り返し立茎し年数をかけて株を養成。

    病害虫防除が難しい

    収穫初年度は我慢が必要 (1週間のみ収穫)本格的な収穫は3年目から。

    勝負は
    4年目から…

    管理栽培期間中(10〜15年間)は徹底した病害虫防除が必要。(茎枯病、斑点病)特に2年目からは注意が必要。

    手間暇が
    かかる

    設備暖地ではハウス栽培が必須。

    設備投資に
    費用がかかる

  • 【採りっきり栽培】

    株養成初年度のみ=1年ぽっきり!

    長期管理不要

    収穫初年度の株養成だけで、
    翌春採りきる!

    初心者でも取り組みやすい!

    管理採りきったら、
    すき込んでシーズン終了!

    防除にかかる経費削減!

    設備暖地でも露地栽培が可能!

    設備投資
    軽減!

●栽植密度 約1800 株 株間40cm 条間140cm 畝幅90cm ●基肥:チッソ成分15~20 ㎏ /10a 程度
●追肥:チッソ成分10 ㎏ /10a ( 数回に分けて)

採りっきり栽培 栽培概要

12月中旬~1月中旬にかけて播種(写真①)
※セル苗定植の場合

2月中旬~4月下旬にかけてセル苗をダイレクト定植
※雨後のしっとりした状態でマルチを張る
マルチは黒を使用し、除草と乾燥を意識する
マルチ幅は90cm。年内収穫はないので雑草対策が重要
※専用ホーラーを使用し早期定植を心がけ、できるだけ生育期間を長くする(図②)

5月頃から生育が旺盛になるため病害虫予防を心がける
※この頃、マルチ焼けを防ぐために植え穴をふさぐように土寄せを行う(写真③)
※萌芽が盛んになり、背丈も高くなるので支柱とフラワーネット等で倒伏防止対策をする(図④)

6月から10月までは1〜2週間ごとに防除を行う
※病気:茎枯病、斑点病対策等 虫:アザミウマ・カメムシ類・ヨトウガ
※茎枯病については、Mクラス(6~7mm程度)の茎が発生する頃から予防を徹底する。潜伏期間は約20日あるため、萌芽の段階から防除する。少しでも病斑が見えると、秋頃に病害が拡大して止まらなくなる。特に9月頃からの防除が重要。

追肥を行う場合は生育を見ながら数回に分けて行う。ただし、秋冬に樹勢が強すぎると養分転流しにくいため、10 月上旬までとする
※気候条件によっては、この時期でも病虫害が発生するため、必ず生育状況を確認しておく

養分転流は平均気温15〜16度、最低気温10度になるとスイッチが入り、約30日間かけて行われる。
養分転流で来年の収量が決まる(写真⑤)

年末から年明けに黄化し、茎が割れだしたら刈取り、マルチをはがす

3月下旬~6月上旬にかけて収穫。収穫期間は60~90日前後、全て収穫(写真⑥)

この作型は、1年で終了することで防除の手間を軽減!
収穫終了後はすきこむ

☆今後、株同士が競合しないように栽植密度をできるだけ上げたり、栽培技術により株養成量をより多くすることで、1~1.2t/10aを目指す(明治大16年実績より)

★後作に、スイートコーンやミニニンジンが
 おすすめ。

アスパラガス採りっきり栽培概要

採りっきり栽培 おすすめ品種

  • 太宝早生

    太宝早生

    ご購入はこちら

  • ウインデル

    ウインデル

    ご購入はこちら

  • クリスマス特急

    クリスマス特急

    ご購入はこちら

  • 満味紫

    満味紫

    ご購入はこちら

アスパラ栽培にこちらもどうぞ!

  • アスパラ用ホーラー

    アスパラ用ホーラー

    ご購入はこちら