e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

バックアタック

バックアタック 台木用トマト

 現在、長年の連作による土壌病害が深刻化してきており、代表的な難防除病害としては青枯病や褐色根腐病があります。近年、病害が複合的に発生する圃場が増えてきており、これらの土壌病害を防ぐ目的で、また、青果物の増収を目的として接木栽培の利用が年々増えてきています。今回紹介する台木トマト「バックアタック」は青枯病と褐色根腐病に耐病性で、全作型で使用することができます。また、萎凋病レース3と半身萎凋病レース2に対して抵抗性を持つため、両病害が発生している圃場でもすぐれた能力を発揮します(半身萎凋病レース3に対しては羅病性)。草性も強く、栽培の後半まで収量をあげることができる台木で、各地の試作で高い評価を得ています。

特性

①萎凋病(F:R-1、2、3)、根腐萎凋病(J3)、半身萎凋病(V:R-1、2)、ToMV(Tm-2a型)に抵抗性で、青枯病(B)と褐色根腐病(K)に耐病性。ネマトーダ(N)に耐虫性。
②発芽ぞろいよく、接木作業が容易である。
③草勢やや強く、栽培後半までスタミナがある。
④すじ腐れ果、奇形果、空洞果の発生が少なく、食味などの品質低下が少ない。


適応性

 夏秋、抑制、促成栽培と幅広く使用することができます。複合耐病性を持っているので、土壌病害の発生している地域、とくに萎凋病や青枯病、褐色根腐病の被害が出ている作型で能力を発揮します。

栽培のポイント

 施肥量、定植、その他の栽培管理は自根栽培に準じて行います。
 青枯病や褐色根腐病の発生が激しい圃場では、太陽熱消毒+微生物肥料(「バイテクバイオエース」など)の施用によって病原菌の菌密度を減らして、台木との併用で総合的に防除します。

栽培上の注意点

穂木品種の剪定 穂木は必ずToMV抵抗性因子Tm-2なたがTm-2aを含んだ品種を使用します(当社ToMV抵抗性品種は全て使用可能)。ToMV羅病性品種またはTm-1因子のみの抵抗性品種に接木した場合、ToMVに感染すると植物体が枯死することがあります。
接木方法 「スーパーウィズ」で接木する場合、穂木と台木を同時に播種します。ミニトマトの場合、穂木を台木より1日早く播種し、茎の太さがそろうように鉢に共植えします。ミニトマトの場合、穂木を台木より1日早く播種します。
根張りの写真
バックアタック

台木トマト特性表

バックアタック
複合耐病性をもち、後半までスタミナを維持できる万能台木用トマト

●萎凋病(F:R-1、2、3)、根腐萎凋病(J3)、半身萎凋病(V:R-1、2)、ToMV(Tm-2a型)に抵抗性で、青枯病(B)と褐色根腐病(K)に耐病性。ネマトーダ(N)に耐虫性。
●発芽ぞろいよく、接木作業が容易である。
●草勢やや強く、栽培後半までスタミナがある。
●すじ腐れ果、奇形果、空洞果の発生が少なく、食味などの品質低下が少ない。

詳しくはこちらから