e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

MEGATON(メガトン)[リーキ]

丸種㈱

-

商品コード:001045

アイテムイメージ

2024年2月以降の出荷予定です。
ご予約で承ります。

特性

早生品種で夏~年内出荷に向く。葉鞘部は太 さ、長さともに非常にボリュームがある。特に 冷涼地・中間地向きの品種。

国産リーキのニーズについて

国産リーキの品質向上に伴い、西洋料理のシェフからの評判も高まってきており、産地での生産は拡大傾向 にあります。さらに直売所の新規品目として、また加工用原料としてのニーズも高まってきています。

リーキの料理

白根を食用とし、長時間加熱すると独特の甘味や旨味、コクが出る。ポトフ等の煮込み、スープやソースの ダシなど主に西洋料理に利用される。ジャガイモとリーキを炒めてブイヨンで煮込み、裏ごしして生クリームを加えた冷製クリームスープ 『ビシソワーズ』は有名なメニューの一つ。

リーキの栽培について

リーキについて

原産地 : 地中海沿岸が原産のヒガンバナ科ネギ属の西洋野菜。現在はヨーロッパや北米、オーストラリアなどで栽培されている。ジャンボにんにくや無臭にんにくと同じ仲間。
温 度 : 冷涼な気候と乾燥を好み、耐寒性もある。逆に高温多湿に弱い。
土 壌 : 根の酸素要求量が大きいので、地下水位が低く水はけの良い、耕土の深い土地が最適。好適pHは7.0 前後。
抽 苔 : タマネギと同様。ある程度成長した苗が低温にあうと花芽を分化し、その後の高温長日条件で抽苔する。

栽培のポイント

圃場の選定 : 日当たり良く、肥沃で耕土が深く、水はけの良い圃場を選ぶ。
良苗の確保 : 太さの均一な苗の育成に努め、定植する。
活着の促進 : 加湿は禁物で、適度な土壌水分を保ち、発根を促進する。
土 寄 せ : 倒伏防止の軽めの土寄せは生育を促進する。高温多湿下での強い土寄せは根痛みを起こし、病害の発生を助長する。また軟白長を確保する土寄せは、葉の間から葉鞘部に土が混入し、商品価値を落とすので注意する。
肥 培 管 理 : 高温多湿時の無理な追肥は軟腐を招くので注意。温暖地では気温下降期からの追肥が、葉莢部肥大に効果的。
病害虫防除 : 育苗中のネギコガ、定植直後のネキリムシ、高温多湿時の軟腐病や黒斑病、気温下降期のヨトウムシなどに注意し、防除に努める。

育苗

播 種 量 : 株間15 ㎝とし、畝幅より播種量を算出する。 (畝幅90 ㎝の場合、株数は7400 株程度)
発芽適温 : 発芽適温は15 度程度。25 度以上になると発芽率が低下する。適湿を保ち、極度な潅水や多湿を避ける。
育苗適温 : 13 度~20 度程度で管理する。
覆  土 : 5 ㎜程度とする。
育苗期間 : 1 か月半~2 か月とし、葉数3 枚以上、葉鞘径3㎜以上を目指す。途中で垂れ葉を刈り込んでも良い。
追  肥 : 葉色を見ながら適宜液肥を散布する。
育苗方法 : 地床育苗、ペーパーポット育苗、セルトレイ128 穴育苗が可能。

施肥設計

  • 施肥設計は地域の土質や残肥によって異なるので、現地の指導に従う。
(施肥例) 肥料名 肥料量 成分(kg/10a)
(kg) N P K

土つくり

完熟堆肥 3,000    
苦土石灰 150    
基 肥     5 26 5
追肥1 回目     5 5 5
追肥2 回目     10 10 10
追肥3 回目     13   13

病害虫防除

  • ネギに準じて行う。
  • 現地の営農指導員の指示に従う。

定植

  • 極端に深い植え溝は、酸欠、多湿による根痛みを起こすので注意する。
  • やや乾燥気味のほうが、活着がスムース。
  • 水はけの良い圃場では平畝とし、水はけの悪い圃場では高畝とする。
  • 事前にpHの矯正と土作り、基肥施肥を実施しておく。

定植後の管理

  • 定植後1~2か月後に追肥をかねて土寄せを行い倒伏を防止する。
  • 梅雨時の軟腐には特に注意し、追肥や土寄せを控えたり、降雨後の排水に留意する。
  • 気温下降期の肥大期には肥料切れに留意する。
  • 軟白長を確保するための土寄せが必要な場合は、気温下降期に重視して実施する。またその時は葉鞘部への土の混入に留意する。

収穫

  • 現地の収穫基準、出荷規格に準じて収穫を行う。
販売価格 (税込) 550 円
商品規格/税別価格