e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

求人

重要なお知らせ

2019年度 ブロッコリー 病害虫 防除薬剤 参考表

下記ボタンにより、植え付けまでに使用する薬剤と、生育期に使用する薬剤とが切り替え表示されます。

[こちらのボタンで表示を切り替えます]

土壌処理及び定植期の際に使用する薬品を表示しています

  • キルパーの使用方法

    A:散布混和:所定量の薬液を土壌表面に散布し、直ちに混和し被覆
    B:希釈散布/灌水:あらかじめ被覆した内で、所定量の薬液を水で希釈し土壌表面に散布又は灌水
    C:注入:所定量の薬液を土壌中15cmの深さに注入し、直ちに被覆又は覆土・鎮圧

  • モスピラン粒剤*

    ネオニコチノイド[4A]

    コナガ  ②アオムシ・アブラムシ類
     ③ハマダラノメイガ

    0.5〜1g/株株元散布
    (定植前日〜当日/1回)
    1〜2g/株、植穴土壌混和(定植時/1回)
    0.5〜1g/株株元散布
    (定植前日〜当日/1回)
    1g/株、植穴土壌混和(定植時/1回)
    0.5g/株 株元散布(定植前日〜当日/1回)

    商品購入はこちら
  • ベリマークSC*

    ジアミド[28]

    コナガ・アオムシ・ハスモンヨトウ・アブラムシ類・アザミウマ類

    400倍

    セル成形型育苗トレイ1箱
    またはペーパーポット1冊/当り0.5L
    灌注(育苗期後半〜定植当日/1回)

    商品購入はこちら

モスピラン粒剤、アベイル粒剤、ベリマークSCはいずれか1回の使用

生育期に使用する、虫害防除用薬品を表示しています

コナガ

  • モスピラン顆水溶*

    ネオニコチノイド[4A]

    2000倍

    14日/3回

    アオムシ・アザミウマ類登録あり

    商品購入はこちら
  • トルネードエースDF

    オキサジアジン[22A]

    2000倍

    14日/2回

    商品購入はこちら
  • スピノエース顆水和*

    スピノシン[5]

    5000倍

    3日/3回

    商品購入はこちら

ヨトウムシ

  • フェニックス顆水和*

    ジアミド[28]

    2000〜4000倍

    前日/2回

    ハスモンヨトウ・コナガ登録あり

    商品購入はこちら
  • アファーム乳*

    アベルメクチン[6]

    1000〜2000倍

    3日/3回

    商品購入はこちら
  • ディアナSC*

    スピノシン[5]

    2500〜5000倍

    前日/2回

    商品購入はこちら

アブラムシ類

  • モスピラン顆水溶*

    ネオニコチノイド[4A]

    2000倍

    14日/3回

    商品購入はこちら
  • ウララDF*

    フロニカミド[29]

    2000〜3000倍

    前日/2回

    商品購入はこちら

ハイマダラノメイガ

  • フェニックス顆水和*

    ジアミド[28]

    2000〜4000倍

    前日/2回

    商品購入はこちら
  • ディアナSC*

    スピノシン[5]

    2500〜5000倍

    前日/2回

    商品購入はこちら

生育期に使用する、病害予防用薬品を表示しています

べと病

黒腐病

  • カッパーシン水和

    ヘキソピラノシル[24]
    無機化合物[M1]

    1000倍

    21日/4回

    商品購入はこちら

菌核病

    花蕾腐敗病

軟腐病

定植後雑草発生前(収穫30日前まで・1回)の雑草防除に「フィールドスターP乳剤」50〜75ml/100L/10aを!!

登録作物にかかっても影響がない「ナブ乳剤」*150〜200ml/100〜150L/10a(7日/1回)

アザミウマ・アオムシ防除には「モスピラン顆粒水溶剤」2000倍、14日/3回で同時防除を!!

近年組織内べと病が多発しています。 花蕾形成前の防除を徹底してください!(ピシロックFL)

「*」はカリフラワーにも作物登録あり

※系統名は IRACコード表:サブグループ.系統名 FRACコード表:化学グループ名から引用

※本資料はあくまでも参考資料であり、当該の農薬を使用した結果、何らかのトラブルが発生してもその責任は負いかねますので、予めご了承ください。

2019年2月現在
農薬使用の際は、登録内容をご確認の上、登録使用基準を厳守してください。
医薬用外毒、劇物は、取扱いしておりません。