e-種やは国内最大級の野菜種・花種・苗・農業資材の販売サイトです

  • 電話番号のおかけ間違えにご注意ください
  • FAX用注文書
  • 初めての方
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • カート

休業日のご案内

スタッフ募集

追加

ベビーリーフ

  • ベビーリーフを育てよう!

    栽培

    • ベビーリーフは「レタス」、「チコリー」、「菜っぱ」、「ホウレンソウ」、「セルリー」、「ビート」の6つのタイプに分類されます。
    • どのタイプも日当たりが良ければ、畑はもちろんベランダや室内・鉢・プランター栽培が楽しめます。
    • 「レタス」は酸性の土壌を嫌うので、先ず苦土石灰を施してPh値を安定させます。
    • 元肥中心とした土作りを行い、追肥する場合は潅水をかねて液肥を施します。
    • 発芽・成育適温は20〜25℃ですが、「レタス」に限っては25℃以上の高温になると休眠し発芽が低下しますので注意が必要です。
    • 播種は十分に水分を含んだ土壌に均等にバラまきするか、条間10cm程度で条まきします。
    • 覆土は種が軽く隠れる程度に行いますが、特に「レタス」は好光性種子のため深まきは避けましょう。
    • 発芽するまでは適温を保ち、極端な過湿・乾燥状態にならないよう注意します。

    収穫

    • 10〜15cm位まで伸びたものから間引いて収穫します。
    • 出荷する際は、各タイプより7〜8品目をミックスしてパック詰めします。

    注意

    • 発芽温度・水分条件が満たされなければ、正常発芽しないことがあります。
    • 春〜夏にかけての栽培は日除けなどで発芽を揃え、高温長日で抽苔しやすいので早めに収穫を行います。
    • 高温期は葉の赤色が薄くなるので、夏用の品種(レッドサラダ(夏用)、レッドオーク(夏用)。ロロロッサ(夏用)、レッドロメイン(夏用)、レッドアマランサス(緋赤)など)を利用するのも良いでしょう。
    • 冬場の栽培は成育が緩慢となるので、保温資材などを利用して成育を促進させましょう。
    • 露地栽培の場合は霜除けなども必要です。
表示件数
並び順
商品数:82件
商品数:82件